2016年09月30日

●会津若松市中心市街地活性化協議会【先進地視察研修】


会津若松中心市街地活性化協議会(会長:宮森泰弘)では、9月27日(火)から28日(水)にかけて先進地視察研修を行いました。

1日目、高崎市(人口37万人)

平成25年に都市再生特別措置法の改正され、歩道に飲食施設を設置できる「道路占用許可」の特例を全国で最初に活用。市街地の賑わいづくりのため推進協議会を設置し、商工会議所が運営事務局を務めています。

宮森泰弘協議会会長をはじめ参加者11名は高崎商工会議所を訪問し、推進協議会会長の綱島信夫副会頭はじめ担当者より事業の推進についてお話を伺いました。その後、実際に取り組みについてまちなかをご案内いただきました。

IMG_2576.JPG


@高崎まちなかオープンカフェ「高カフェ」事業
【目的】中心市街地を訪れる人々を迎い入れる舞台装置。新たな回遊性と賑わいの創出
高カフェは、毎年4月〜11月、既存の喫茶店などが運営している日の午前8時から午後10時まで利用できます。
店舗の敷地に隣接する公共用地または民間用地に設置する「地先公用用地(民間用地)利用型オープンカフェ」と
店舗の地基地に接する歩道上に設置する「地先歩道利用型オープンカフェ」がある。
     

IMG_2594.JPG






 地先公用地利用型オープンカフェ  



IMG_2622.JPG IMG_2630.JPG IMG_2625.JPG 
地先歩道利用オープンカフェ

A高崎まちかなコミュニティサイクル「高チャリ」事業
【目的】中心市街地の賑わいの創出、回遊性の向上、CO2削減、放置自転車の減少と自転車マナーの向上
まちなかに複数の自転車拠点(16か所)を設置し、利用者の利便性を高め稼働率を高めている。高チャリ専用駐輪スペースがある。
利用時間は午前9時から午後10時まで まちなかにインフォメーションを設置し管理している。


 IMG_2632.JPG IMG_2608.JPG  

  高チャリの利用者が目立つ カラフルな自転車


2日目は、安中市(人口7万人)
大河ドラマ「八重の桜」でも注目された新島譲の出身地でもある安中市。まちの歴史を伝える観光ボランティアは12名。
街道観光として歴史的な建物などを丁寧にご案内していただきました。

IMG_2656.JPG  IMG_2660.JPG  IMG_2658.JPG 
IMG_2661.JPG  IMG_2663.JPG
  







posted by 事務局 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★AIZUまちなかマルシェ〜真夏の夜のパークフェス〜を開催しました

平成28年7月23日(土)
  主催:会津若松市中心市街地活性化協議会
  主管:パークフェス実行委員会

中心市街地の賑わい創出のため、市民の憩いの場所として立地している野口英世青春広場で、日中の暑さを避け、夕の涼みを市民ととも愉しむイベントを開催しました。

広場にはオープンカフェテーブル約50人分、ステージ観覧用椅子20席を設置しました。
当該商店街からの出展ブースのほか、飲食クラフトなどが会津方部より出店。
飲食ブースも8店舗あったが想像以上の来場者のため、2時間程度で完売する店が相次ぎました。
ナイトマルシェ音楽演奏
ステージでは、親子参加型のものから、日ごろの練習の成果を発表する小学生チームや成人のダンスチームまでと幅広い年齢層とジャンルのステージが繰り広げられ会場のお客様も一体となって楽しみました。また、サウンドストリートでも人気のあるジャズの演奏者たちの出演もあり、常連ファンが大勢駆け付けました。
商工会議所からゆかりの地 友好商工会議所(余市・、むつ)の物産紹介と配布
余市商工会議所より送られたワインの試飲会並びに特産ミニトマトや、むつ市のみそ貝焼きの缶詰めを無料配布しました。大勢の市民が列に並び大いに賑わいました。また、ゆかりの商工会議所についてパネル掲示するなど市民にも、会津・余市・むつとの関わりを知る機会をつくることができました。

(チラシ・ポスター)AIZUまちなかマルシェ.jpgAIZUまちなかマルシェ事前PR.jpg(アップ用)AIZUまちなかマルシェ 新聞記事.jpgIMG_7528.JPGIMG_7578.JPGIMG_7588.JPGIMG_7633.JPGIMG_7601.JPGIMG_7665.JPGIMG_8175.JPGIMG_8155.JPGIMG_8163.JPGIMG_8196.JPGIMG_8188.JPGIMG_7656.JPGIMG_7568.JPG
posted by 事務局 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月08日

AIZU SOUND STREET 2013 −會津音市−

 会津若松市中心市街地活性化協議会は、昨年に引き続き、平成25年10月14日(月曜日・体育の日)に、七日町市民広場、大町通り特設ステージ、大町四つ角通り特設ステージにおいて、AIZU SOUND STREET 2013會津音市を開催した。
 当協議会会長である宮森泰弘会津若松商工会議所会頭の「元気な会津を音楽で取り戻そう」の開会宣言を合図に、七日町市民広場・大町通り・大町四つ角通りの特設ステージにて、40バンド・120名による音楽パフォーマンスを一斉に展開した。
 会津で唯一のジャズ系野外フェスティバルということもあり、演奏者はインターネットなどによる公募により、東京・神奈川・茨城・山形・秋田など、県内外から120名の参加者が集まり、また、同日開催された大町通り歩行者天国のイベントと連携した事で、約2,000名にもおよぶ大勢の市民や音楽ファンが詰めかけた。更に、街中を散策する観光客も足を止めて演奏を楽しみ、相乗効果による誘客促進と回遊性の向上につながったステージとなった。
 このイベントの実施にあたって組織されたAIZU SOUND STREET実行委員会には、地元の演奏者や音楽愛好家約20名が集い、将来的にわたって「音楽によるまちの賑わいづくり」の原動力となるべく新たなスタートをきった。
 更に、ソフトバンク会津門田店の特別協賛もあり、ユーストリーム配信も行ったことから、インターネットのアクセス数が約10,000PVを超え、全世界に向けて当市のPRにも貢献する事ができた。
来街者からも、「音楽を聞いて元気になった」「音楽が聞こえたので、予定より長居してしまった」「毎月開催してほしい」、近隣の商店主からも「音楽が聞こえるまちは雰囲気がいい」「通りの活性化につながってよかった」との声が上がり、関係者は改めて音楽のもつ力に胸を躍らせた。
 
CIMG0869.JPG
posted by 事務局 at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

10月8日「Aizuサウンドストリート2012」開催

街角コンサート「Aizuサウンドストリート2012〜世界へ感謝の想いを込めて〜」を開催します。(入場無料)
復興支援への感謝の想いを伝えるため、会津を中心とした音楽バンド13組が演奏します。
一緒に魂を振るわせるステージを楽しみましょう。
なお当日は、元気な会津を発信するため、演奏の様子を全世界へユーストリームでライブ配信する予定です。

☆10月8日(月・体育の日)午前11時〜午後4時
☆A会場 七日町市民広場 野外ステージ

     11:00〜 MASCOTTS(ソウル)
     11:50〜 Small Mercy(R&B)
     12:40〜 ハートランド(ソウル/R&B)
     13:30〜 まごころパンチ(ソフトロック)
     14:20〜 Hurry Hats(ブルースロック)
     15:10〜 4on6(ジャズ)
 B会場 會津壹番館前  特設ステージ
     11:00〜 清水けんいち(アコースティック)
     11:40〜 Nana&Yama−P(ポップス)
     12:20〜 水野由美&眞鍋伸(ポップス)
     13:00〜 ひらく&一仁(Jポップス/フォーク)
     13:40〜 おばんざい(ジャズ)
     14:20〜 伊藤幸治(アコースティックロック)
     15:00〜 会津マスクワイア(ゴスペル)
     15:40〜 セッション


Aizuサウンドストリート.jpg      タイムスケジュール.jpg









posted by 事務局 at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

会津若松市中心市街地活性化協議会 視察研修(定禅寺ジャズストリートフェスティバルin仙台)

 今年度10月8日に会津で開催する当協議会(会長:宮森泰弘)の中心市街地活性化事業「街角コンサート」の参考とするため、9月8日(土)、仙台で22年間続けて行われている日本一規模の「定禅寺ジャズストリートフェスティバルin仙台」を視察しました。
 当日は、宮森会長をはじめとして協議会会員が現地コーデイネーターの説明を受けながら、約15ヵ所のステージ会場(全部で48会場)を回り、街なかでの音楽演奏が人と人の交流を生む光景をまじかに視聴し、東日本大震災からの復興の手ごたえを感じました。
 会津は、未だに東日本大震災や原発事故による風評被害の影響が残り、中心部の大型商業施設の撤退により商業の低迷が続きますが、少しでも街に元気が与えられるような会津独自のストリートコンサートを数ヵ所で開催する予定です。

IMG_0455.jpgIMG_0432.jpgIMG_0474.jpg
IMG_0467.jpgIMG_0480.jpgIMG_0465.jpg



posted by 事務局 at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

歴史講演会『山本覚馬の生涯―その人脈と古都再生』

「心眼の山本覚馬」「新島八重の生涯」などの著者である吉村康氏をお迎えし、
『山本覚馬の生涯-その人脈と古都再生』をテーマに歴史講演会を開催します。
会津藩士「山本覚馬」は、来年のNHK大河ドラマ「八重の桜」の主人公新島八重の兄で、
失明しながらも京都府顧問や京都府議会初代議長、京都商工会議所会頭などを務めて、
明治初期の荒廃した京都の復興に尽くし、同志社創立に協力した。

【日時】平成24年7月20日(金)午前11時〜12時
【場所】會津稽古堂 多目的ホール
【定員】先着120名(入場無料) ※定員になり次第締切ります。
【主催】会津若松市中心市街地活性化協議会
【問合せ先】鰍ワちづくり会津  電話1(プッシュホン)0242−38−2822
【申込み】事前に電話連絡の上、下記の参加申込書をFAX(0242−38−2833)

     参加申込書 講演会チラシ(PDF).pdf

posted by 事務局 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

会津若松市中心市街地活性化協議会【先進地視察研修】

会津若松中心市街地活性化協議会(会長:宮森泰弘)では、12月3日から4日にかけて先進地視察研修を行いました。

今回は、まず中合会津店跡地利活用の参考事例とするため、10月28日にオープンした商業施設「COREDO室町」を視察。「COREDO室町」は、かつての輝かしい日本橋の歴史を尊重しながら現代の新しさも取り入れた複合施設。お昼時の飲食店はどこも満員で、有名店は行列が出来ていた。
coredo室町.jpg


次に向かったのは、最近、スイーツ人気で多くの老若男女が集い1500店を越すお店を有する「自由が丘商店街」。商店街振興組合の事務所で商店街活動やエコBUSについて説明を受けた後、街なか散策へ。個性的でおしゃれなお店が多いこの街は、大型百貨店がなくても十分にショッピングが楽しめる。「きれいな街」を目指し力を入れている商店街活動「自由が丘方式ゴミ収集システム」(深夜から早朝にかけてゴミを収集)の説明のとおり、街にはゴミがなくきれいで、とても心地よい街。
自由が丘商店街.jpg


次は、東京の三大商店街の1つである「荏原町商店街」。商店街の中に幼稚園があるため、子供が商店街を活気づけ、お迎えの2人乗り自転車が道路にあふれかえる。当日開催していた「つまみ食いウォーク」のイベント効果もあり、通りは買い物客であふれていた。尚、このイベントの主催者は観光協会であった。
荏原町商店街.jpg


最後は「神楽坂通り商店会」。生活感のある街で、なぜここに人が集まるのだろうかと不思議。表通りから一歩入ると静かな路地がたくさんあり、住宅の中にレストラン、料亭、コレクトショップが多く建ち並び、細くても整備されている路地を散策していると楽しくなる。これが人を呼ぶ仕掛けなのかも。
神楽坂商店街.jpg

posted by 事務局 at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

高齢者交流拠点『ぷらちなステーション』開設【期間限定】

当協議会では、中心市街地まちなか活性化モデル実証実験として、
高齢者に優しいまちづくりを推進するために
高齢者の皆様の集いの場『ぷらちなステーション』を
期間限定で開設することとなりました。


【期間】 平成22年10月の土日祝日 午前10時〜午後7時
      (2日・3日・9日・10日・11日・16日・17日・23日・24日・30日・31日)

【場所】 紀州屋1934 1F BUS CAFE内
      (野口英世青春通り 旧紀州屋商店)

【ご利用案内】
 ●65才以上の方 1回100円
   (高齢者運転免許証返納制度ご利用の方は証明書提示で無料)
 ●お飲物とお菓子をサービス
   (お飲物はコーヒー・和ハーブティー・桑の葉茶から選べます)
 ●手荷物のお預りサービス
 ●アンケートにご記入頂いた方の中から抽選で20名様に
  5000円分の商品券をプレゼント!!

詳しくはこちらをクリック ⇒ ぷらちなステーション.pdf

中心商店街の憩いのスペースとして、どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。



■お問い合せ■ 会津若松市中心市街地活性化協議会 TEL 0242-38-2822
posted by 事務局 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

会津若松市中心市街地活性化協議会総会開催

去る6月7日(月)ホテルニューパレスにて
平成22年度会津若松市中心市街地活性化協議会総会が
開催されました。

まず、会長の宮森泰弘より、
「厳しい時だからこそ、お互いに協力し合い
 最大限の効果が表れるような事業展開が必要である。
 様々な業界団体で組織される本協議会で、
 皆様に意見を出して頂き、まちづくりに反映したい。
 会津若松市が、中心市街地活性化基本計画を策定中だが、
 課題一つ一つを解決しながら、認定に向け歩を進めたい。」
と挨拶がありました。

議事では、
1.平成21年度事業報告並びに収支決算報告について
2.役員の改選及び一部変更、会員の退会について
3.平成22年度事業計画(案)並びに収支予算(案)について
4.中心市街地活性化基本計画(素案)の見直しについて
以上、全会一致で承認可決され、総会は滞りなく閉会いたしました。


総会.JPG

posted by 事務局 at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

中心市街地活性化啓発事業「先進地視察研修」

 会津若松市のまちづくりを担う当協議会では、今後の中心市街地活性化基本計画策定の参考とすべく、12月3日〜4日に渡り、宮森会長以下10名で先進地視察を行った。
 
 視察研修事業は昨年の横浜方面に続き2回目で、今回は下町でありながら多くの来街者で賑わう、月島西仲通り商店街・浅草仲見世商店街・谷中銀座商店街・巣鴨地蔵通り商店街・鳥越本通り商店街を視察した。
 
 中でも谷中銀座商店街は、年間100日(約3日に1回)の販売促進事業やイベントを行っており、また、周辺の根津・千駄木(ヤネセン谷根千)との連携を図るなど、下町商店街の先導的な役割を担っている。谷中銀座商店街振興組合の堀切正明理事長は、
“ヨーロッパを5回視察し、まちづくりを学んできた。まちづくりは他の事例の真似から入って、徐々に独自のものに作り上げればよい。我々商店街役員も高齢化してきたが、何と言っても商店街の活性化に必要なのは、『商店街バカ』が何人いるかだ。“
と持論を展開、また行政の補助メニューや巧みなマスメディアの利用等、下町ならではの工夫と、堀切理事長の強いリーダーシップが感じられた。

 その他夜のまちなか観光に欠かせないイルミネーション(表参道・六本木・丸の内)、ライトアップ(東京タワー)を視察、商店街等の夜の集客アップに大きな効果があることを再確認した。

IMG_0044.jpg
IMG_0052.jpg


posted by 事務局 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。